ディエゴ・シン
Diego Singh

  • Installation view from “Yes No Thank You” at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2015 © Diego Singh photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Yes No Thank You” at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2015 © Diego Singh photo by Kenji Takahashi
  • Yes 2010-2015 oil on linen 61.0 × 45.7 cm ©Diego Singh
  • Diego Singh ディエゴ・シン Tapestry 2003-2011 Oil on linen 36.0 x 28.0 cm © Diego Singh
  • Installation view from “Table for One.” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011 © Diego Singh photo by Kei Okano
  • Installation view from “Table for One.” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011 © Diego Singh photo by Kei Okano
  • installation view from "Table for One." Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011 ©Diego Singh photo by Kei Okano
  • Installation view from “Table for One.” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011 © Diego Singh photo by Kei Okano
  • Installation view from “Table for One.” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011 © Diego Singh photo by Kei Okano
  • Diego Singh ディエゴ・シン Keeping it real and chilling with my friends Henri and 2011 Oil on linen 195.0 x 305.0 cm © Diego Singh
  • Diego Singh ディエゴ・シン The New Yorker 2011 Oil on linen 305.0 x 195.0 cm © Diego Singh
  • Diego Singh ディエゴ・シン The Vexation of Monologues(1) 2010-2011 Oil on canvas 213.0 x 151.5 cm © Diego Singh
  • Diego Singh ディエゴ・シン Table for One 2011 Oil on linen 182.5 x 121.5 cm © Diego Singh
  • Diego Singh ディエゴ・シン The Indirect Man Bagged(selfpotrait as a black 2006-2007 Oil on linen 243.8 x 182.9 cm © Diego Singh
  • Diego Singh ディエゴ・シン The Indirect Man Bagged(selfportrait as a black 2006-2007 oil on linen 208.0 x 122.0 cm © Diego Singh

ディエゴ・シンはアルゼンチン生まれ。ケネディー大学で社会コミュニケーション学を学んだ後、同大学院美術科を修了。2003年から04年にかけて、マイアミのMiami Light Projectにてキュレーターとして活動し、Visual Arts Programをディレクションしました。現在マイアミを拠点に制作、またマイアミとブエノスアイレスに拠点をもつキュレーション・プロジェクトである「Central Fine」を立ち上げました。小山登美夫ギャラリーでは3度の個展を行っています。

主な展覧会として、「Table for One」(2011年、小山登美夫ギャラリー、東京)、「Unimodern Gondolieri」(2012年、Various Small Fires、ロサンゼルス)、「Embarrassed by Loneliness」(2012年、Mendes Wood、サンパウロ)、「Submarine Uploading」(2012年、Annarumma Gallery、ナポリ)、「Le Ragioni della Pittura」(2013年、La Fondazzione Malvina Menegaz、イタリア)、「Recent Acquisitions」(2014年、ペレス・アート・ミュージアム・マイアミ)、「Prospect」(2014年、サンディエゴ現代美術館)、「Locally Sourced」(2015年、アメリカン大学美術館、ワシントンD.C.)などがあり、シンの作品はサンディエゴ現代美術館、ペレス・アート・ミュージアム・マイアミ、 the De La Cruz Collection(マイアミ)などのパブリックコレクションとして収蔵されています。

ディエゴの作品はキュレーターのドミニク・モロンによって以下のように評されています。「自画像としても機能している想像的別世界を作り出し、芸術の伝統が持つ可能性をラディカルに押し広げつつあるー作品は鑑賞者を作家の自己神話的な策略へと誘い込み、現実に構築されたセルフアイデンティティーと、架空の魔法とを隔てる境界はこの上なくアンヴィバレントである。」

アルゼンチン生まれ
1999年 BA, Comunicaciones Sociales, Unversidad Kennedy、アルゼンチン
2000年 MA, Direccion de Arte Asociacion Argentina de Agencias de Publicidad (AAAP)、ブエノスアイレス、アルゼンチン
Art History Kennedy Universy、アルゼンチン

個展

2015 「Yes No Thank You」8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、東京
2014 「Plateau Plateau」 Fredric Snitzer Gallery、マイアミ、アメリカ
2012 「unimodern gondolieri」 Various Small Fires、ロサンジェルス、アメリカ
「Uploading Submarine」 Annarumma Gallery、ナポリ、イタリア
2011 「Table for one.」 小山登美夫ギャラリー、東京
「CAPTCHAS 」 MCLEMOI Gallery、シドニー、オーストラリア
2010 「Pathological Liar / Stalker」Fredric Snitzer Gallery、マイアミ、アメリカ
「Bulletproof」 MENDES WOOD、サンパウロ、ブラジル
2008 「Burning Bridges」Fredric Snitzer Gallery、マイアミ、アメリカ (Jan 12 - Feb 4)
2007 「The Indirect Man」小山登美夫ギャラリー、東京
2005 「Rid of Me or the Exorcist」Fredic Snitzer Gallery、マイアミ、フロリダ、アメリカ

グループ展

2011 「Summer Time Blues」 Fredric Snitzer Gallery、マイアミ、フロリダ、アメリカ
2008 「Feedback」 The Moore Space、マイアミ、アメリカ
2007 「Drawn In/Drawn Out」Florida Atlantic Unviersity、フロリダ、アメリカ
「Seinfeid」Fredric Snitzer Gallery、マイアミ、アメリカ
「M*A*S*H Miami」Cottelston Advisors、ニューヨーク、アメリカ(1. - 9.12.2007)
2006 「Think Warm」小山登美夫ギャラリー、東京
「Constant Disturbance」Centro Cultural Espanol、マイアミ、アメリカ
2005 「Hanging by a thread」The Moore Space、マイアミ、アメリカ
「For all and for no one」Museum of Contemporary Art、ノースマイアミ、アメリカ
2004 「I Feel Mysterious Today」Palm Beach ICA、パームビーチ、フロリダ、アメリカ
「I Feel Mysterious Today」Satellite exhibition, Aqua Gallery、マイアミ、アメリカ
「Pinata Party」Gavin Brown's Enterprise at Passerby、ニューヨーク、アメリカ
「Drawing Conclusions II」Rocket Projects、マイアミ、アメリカ
「Doctor Moreau Explains」Wormhole Laboratory, The Stray Show、シカゴ、イリノイ、アメリカ
「If You Believe Hard Enough」Rocket Projects、マイアミ、アメリカ
「The Skull Show」Hanna Fushihara Gallery、東京
「Dirty South!」Wormhole Laboratory、マイアミ、アメリカ
2003 Rocket Projects、マイアミビーチ、アメリカ
「Haunted」Wormhole Laboratory、マイアミ、アメリカ
「Gilligan's Island」Ambrosino Gallery、マイアミ、アメリカ
「Of off painting」Buick Buliding, Dacra's Art Miiami party、マイアミ、アメリカ
2002 「No Home Show」House of Eugenia Vargas、マイアミビーチ、アメリカ
「No Show」Snitzer Gallery、マイアミビーチ、アメリカ

プロジェクト

キュレートリアル・プロジェクト
2003 「Of Off Painting」The Buick Building、マイアミ、アメリカ
2004 「Its My Pleasure co-curated with Nikki Beem」The Light Box, Miami Light Project、マイアミ、アメリカ
「By The Woods」The Light Box, Miami Light Project、マイアミ、アメリカ
「She is about to wake up」The Light Box, Miami Light Project、マイアミ、アメリカ

パブリックコレクション

Pérez Art Museum Miami