大宮エリー

企画展「This is forest speaking 
~ もしもし、こちら森です」

Tale of mountain of Okayama 2015 184.0 × 357.5 cm acrylic on canvas photo by Kenji Takahashi © Ellie Omiya, courtesy of Tomio Koyama Gallery

大宮エリー / 企画展 「This is forest speaking
 ~ もしもし、こちら森です」

2017年4月22日[土] – 6月11日[日]

金津創作の森、福井

多彩な才能で注目される大宮エリー(作家/演出家/画家)。
伸びやかで天性のバイブレーションがみなぎる作品は、
雄大な自然や身近なモチーフまで物語性を感じさせ、
私たちの感情に訴えかけます。
本展では、絵画の代表的な作品をはじめ最新作の大画面の力作を紹介します。

詳しい情報は下記リンクをご覧下さい。
http://sosaku.jp/event/

作家プロフィール

大宮エリー

大宮エリーは1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。広告代理店勤務後独立し、作家業、舞台の作演出、ドラマ・映画監督、映像制作、ラジオのパーソナリティと様々なジャンルの活動を行ってきました。2012年からは観客にイメージや言葉を伝え、来場者が参加して作品が完成するという体験型の展覧会を始めます。「思いを伝えるということ展」(PARCO MUSEUMほか、2012–13年)、「生きているということ展」(PARCO MUSEUM、2013年)、「星空からのメッセージ展」(三菱地所アルティアムほか、2013–14年)と個展を開催し、大きな話題を呼びました。 絵画制作に関しては、2012年東京都国立博物館の法隆寺宝物館にてモンブラン国際文化賞受賞の福武總一郎氏へのお祝いとして、急遽ライブペインティングを依頼されたことから始まりました。人生で初めて人前で描いた絵は「お祝いの調べ ”直島”」(現在、福武氏蔵)。そんな驚くべき制作のスタートにおいて、デビュー作品は大好評を得ました。

その後大宮は立て続けに個展を開催します。2015年「emotional journey」(代官山ヒルサイドテラス、東京)、「painting dreams」(渋谷ヒカリエ 8/ CUBE、東京)、2016年には美術館での初の個展「シンシアリー・ユアーズー親愛なるあなたの 大宮エリーより」(十和田市現代美術館、青森)を開催し、同時に街の商店街にも作品を展開しました。2017年「This is forest speaking ~もしもしこちら森です」(金津創作の森、福井)。2018年には「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」に参加し、「とある未亡人の館」を制作、展示。その作品は2019年代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラムでの「Beautiful Days ~美しき日々」にて、新たに制作された大きなインスタレーション作品「ある日のピクニック」と共に発表されました。2019年2月には、美術出版社から絵と文章で構成された「虹のくじら」を出版、3月には海外のギャラリーでの初個展「A Wonderful Forest」(TICOLAT TAMURA、香港)を開催するなど、制作活動の初期から大きな飛躍を遂げています。
http://ellie-office.com/