山本桂輔

個展「起立」

installation view from “rise” Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2009 ©Keisuke Yamamoto

<作品紹介>
山本桂輔はペインティングとドローイング、また木彫作品を制作しています。作品では、木や草花、キノコ、小さな妖精のような人影などが、有機的な曲線に巻き取られながら、ひとつのフォルムとしてつながっていきます。 平面作品は不思議なバランスで矩形に区切られ、それぞれの色面は、それ自体で花や昆虫などに見えたり、或は背景の空に見えたり、大きな森の中に隠れている小さな動物を探すように、私たちの視線は画面の中を自由に動き回ります。
彫刻作品もまた、それ自体が森、あるいは建築物の一部であるかのような、イメージの広がりを持っています。身近なモチーフを具体的に取り上げていた初期と比べ、昨今の作品は全ての対象が溶け合ってしまったかのような、より複雑な構図を持っています。
「絵を描くことは、底のない世界をさまようこと。それを見てしまったから、絵画からもう抜け出ることはできない」という作家の言葉どおり、彼の作品で重要なのは描かれる対象ではなく、目に見えないものまで含めた、不確かな世界の断片であるようです。

<展覧会について>
本展では、高さ約5メートルの木彫作品を中心に、新作ペインティングも展示いたします。人物の顔や植物、奇妙な装飾パターンなどが30パーツ近く組み合わさってできる巨大彫刻は、不思議な宮殿のような迫力で見るものを圧倒します。
展覧会タイトルである『起立』について、作家は以下のように述べています。

僕の制作において、起き立ち上がらせる感覚はとても大事なものです。色々なものが絡み、影響しあい、崩れながらも組み立てていく中で、なんとか何かを起き上がらせて行こうとするわけですが、そこには必ず抵抗というか圧力のようなものがあり、本質的な内容が詰まっていればいるほど、容易くは立ち上がらす事はできません。立ち上がるという事は容易くなく、いかに人にとって大事なものであるかを改めて感じています。

 

作家プロフィール

山本桂輔

山本桂輔は彫刻と絵画の2つの表現方法を横断しながら、制作を行ってきました。2000年代までの作品では、草花やキノコ、妖精のようなモチーフが、有機的な曲線に巻き取られながら、独特の色彩の中にひとつのフォルムとして完結します。その幻想の世界感が極限まで肥大化したのが、2009年の個展「起立」で展示した高さ5mを超える巨大な彫刻でした。作品は生命力すら感じる圧倒的なボリュームと、派手な色彩で人々を魅了しました。以降山本の彫刻は少しずつ変わりはじめます。

2012年、山本は拾った古道具などに部材を加えたり、彫刻を施した作品を、個展「Brown Sculptures」で発表しました。それまで色に対する憧れ、絵画への憧れが強かった彼が、この展示では、比較的小さな木彫だけを展示し、しかも木工用の茶系の着色剤を使って、色を廃しました。かつて別の用途で使われていた道具をなにかに見立てる、あるいは擬人化することは、日本人にとって馴染み深く、ある種のフォークな感覚は山本の新たな展開を感じさせます。作家は自身の作品について、「人間の創作の歴史や衝動に興味があります。それらを意識しながら、彫刻と絵画は相互に関係を持ち、生成されていきます。」と語っています。

彼の制作を語る上で、彫刻との両輪として欠かすことのできない絵画。松井みどり氏は、山本の絵画について「幾何学形と植物のイメー ジを組み合わせることで、装飾的なデザインと象徴的な連想を統合する」と評しています。

山本桂輔は1979年、東京生まれ。2001年に東京造形大学彫刻科を卒業後、同大学研究生として 2003 年まで在籍。現在、神奈川を拠点に制作活動を行っています。小山登美夫ギャラリーでは、6 度の個展を行っており、主なグループ展に「、VOCA 展 2008」(2008 年、上野の森美術館、東京 )、松井みどりキュレーションによる「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(2009 年、原美術館、以降世界巡回)、「Twist and Shout: Contemporary Art from Japan」(2009年、バンコク芸術文化センター、バンコク)、「ノスタルジー&ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉」(2014年国立国際美術館、大阪)などがあります。作品は国立国際美術館などに収蔵されています。