風能奈々

個展「誰がその物語を知る」

花の瘡蓋 Scab on Flower 2008 acrylic, dye, gesso on canvas 162.0 × 388.0 cm ©Nana Funo

【作品紹介】

風能奈々は、優美で感性的なモチーフを独特のマチエールで豊かに紡ぎあげます。今年のVOCA展に出展された、アクリル絵具、染料のペン、ジェッソ、再びアクリルの順に重ね塗りする「花の瘡蓋(かさぶた)」は、静謐さをたたえながらも、重層的で多様な質感からたちあらわれる浮遊感を感じさせます。
風能が幼少の頃耽溺していたという想像や物語の世界は、タブローの上に再来します。ときに悪夢、ときに個人的な家族との物語が、彼女の卓越した素描によって描かれます。同様にイメージの源泉となっているのが、毎日欠かさずに描いているというドローイング・ノートです。日常生活でわき起こる感情の波や心に残ったフレーズなども残すという、日記の要素ももつこのノート。不穏な感じすら抱かせるほどびっしりと描かれたドローイングはそれ自体圧巻ですが、タブローでの魅惑的な発展を暗示するエネルギーをもっています。

【展覧会について】

本展では、今年3月に開催されたVOCA展(上野の森美術館)に出展した、横3メートル88センチの「花の瘡蓋(かさぶた)」、特別に注文して制作した円形のキャンバスを使った作品など、新作のペインティング約8点を展示いたします。
TKGエディションズ 京都での同時開催展では、側面にも描き込まれた20 x 20cmのペインティングを展示します。花、木、神話などのモチーフ、小さな物語の挿絵、そして行ったことも見たこともない場所を描いた旅行シリーズ。染料、アクリル、油彩など技法も異なる多彩なイメージが、展示スペースを埋めつくします。

作家プロフィール

風能奈々

風能奈々は1983年静岡県生まれ。2006年大阪芸術大学芸術学部美術学科油画コースを卒業後、2008年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。現在静岡で制作を行っています。

風能奈々の作品は、風能が幼い頃から愛しむ想像や物語の世界と、高い密度の多様なマチエールが絡み合って、独特で重層的な世界観を生み出しています。鑑賞者は、画面に現れるまるで磁器や彫金を思わせるかのような光沢と、刺繍や織物のような繊細な筆致がアクリル絵具のみで生み出されていることに驚きを覚えるでしょう。

個展は、2010年に六本木ヒルズ A/D GALLERYにて、2012年に「緑の遠吠え」(板室温泉大黒屋、那須塩原、栃木)にて開催、小山登美夫ギャラリーでは2008年、2009年(小山登美夫ギャラリー京都、、2012年、2014年(同年にシンガポールと渋谷ヒカリエの2回)、2016年、2019年に行っています。主なグループ展として「VOCA展 2009」(2009年、上野の森美術館)、「絵画の在りか」(2014年、東京オペラシティ アートギャラリー)があり、作品はアマン東京、ジャピゴッツィコレクション(スイス/アメリカ)、高橋コレクション、高松市美術館、モンブラン GBU ジャパンに収蔵されています。

  • Installation view from "Who Knows the Stories" Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2009 ©Nana Funo, photo by Yasushi Ichikawa
  • Installation view from "Who Knows the Stories" Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2009 ©Nana Funo, photo by Yasushi Ichikawa
  • Installation view at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2008 ©Nana Funo
  • Installation view at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2008 ©Nana Funo
  • Installation view at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2008 ©Nana Funo