小出ナオキ

個展「Marriage」

Marriage 2006 C-print 100 x 125 cm ©Naoki Koide

小出の作品世界は、主に FRP(強化プラスチック)を素材として作られる彫刻とそれらの写真によって展開 されます。モチーフとなるのは、作家本人とその周囲のごく親しい人々、或は架空の動物たちです。上下に引 き延ばされるようにデフォルメされたフォルムや、やすりで何度も削られたつるりとしたマチエール、少しく すんだパステルトーンの色調など、その印象は遊園地のアトラクションに造られたセットや、街角で見かける 雨風にさらされた広告用のキャラクター人形を思わせます。けれどそれらが醸し出すのは極めて個人的な親密 さであり、商業的なキャラクターの持つポップで明確なイメージというよりは、茫洋とした表情の中に浮かび 上がる遠い記憶の不確かな肌触りがよみがえってくるかのようです。2003 年の「マジック ルーム」に出展 した作品では、他界してしまった家族と今を生きる家族、そして作家自身が邂逅し、かつ てあった風景のように家族の思い出をたぐり寄せています。翌年 2004 年、Project Room で展示された「二 人の浴室」では、作家自身を思わせるカップルが浴室とそれに並ぶ寝室というやはり親密な空間の中にインス タレーションされました。その近くには、クジラの背中から小人が顔をのぞかせていたり、小さなカバが二本 足で直立したりといった奇妙な動物たちが、魔除けのように配されていました。これらの彫刻はまた、作家自 身の手で様々な場所に運ばれ、その姿を撮影した写真作品も重要な要素となっています。立体作品としての存 在感よりも、2次元的なイメージの中から抜け出してきたかのようなオブジェが、作家の心象風景の中に再現 されていきます。
「夢を見ている時、自分の中ではリアルに経験しているのに実体がないというような感覚や、思い出の中の 人や空気をよみがえらせる感覚」をもとに作品を作っているという小出が作り出す空間は、曖昧な輪郭の世界 において密やかに、しかし確かに感じられる幸福感に満ちています。

本展では、作家のアトリエと仲間たちの立体作品、結婚式を挙げているカップルの彫刻の他、レリーフや変 形ドローイング、ウォールペインティングなどの多彩な作品がご覧いただける予定です。この機会に是非御高 覧下さい。

 

作家プロフィール

小出ナオキ

小出ナオキは1968年、愛知県生まれ。1992年に東京造形大学造形学部美術学科を卒業。現在は千葉県を拠点に制作活動を行っています。
2003年、岡田聡氏キュレーションによるグループ展「マジック・ルーム」(Project Room / 小山登美夫ギャラリー)に出展後、小山登美夫ギャラリーでは5度の個展を行っています。
その他の主な展覧会に、「カフェ・イン・水戸」(2004年、水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城)、「マジカル・アート・ライフ」(2006年、トーキョーワンダーサイト渋谷、東京)、「Fiction@Love」(2006年、MOCA Shanghai、上海、中国)、「neoneo Part1 [BOY]」(2009年、高橋コレクション日比谷、東京)、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009」(2009年、新潟)「Paul Clay」(2011年、Salon 94 Bowery、ニューヨーク)「高橋コレクション展 マインドフルネス!」(2013年、鹿児島県霧島アートの森、姶良郡、鹿児島 [ 札幌芸術の森美術館、札幌、北海道 へ巡回 ])などがあります。

小出ナオキは主にFRP(合成樹脂)、セラミック、木などを用い、愛らしくもどこか不気味で不思議な立体作品で、雲のお化けやドクロなど、異界のものたちや、自身とその家族を作品化してきました。小出の作品について、美術評論家の森口まどか氏は次のように書いています。

「日常や自己の内なるところから着想する在り方は、小出にかぎらず、今日のアートシーンにあっては定跡といっても良いほどだと思うが、その場合、微温的な暮らしをそのままかたちにしても作品としての強度は持ち得ない。小出ナオキの場合、臆面もなく家族や身近な人たちとの出来事を語りながら、センチメンタリズムに堕ちず、事の本質を見据えるふてぶてしさが、アーティストとしての核をなしているように見える。」(森口まどか 「小出ナオキの現在性」『Maternity Leave』小山登美夫ギャラリー、2012年)

また、小出は滋賀県立陶芸の森で滞在制作の機会を得たこともきっかけに、2009年頃から彫刻の主な素材をFRPからセラミックに変えました。FRPにはない、いわばセラミックという素材特有の”裏切り”を、小出は「まるで、子どもが産まれてくる前の父親に産まれた後の生活が想像できないような、そして、産まれて初めてその意味がようやく理解できる感じと似ています。制作する意味、が少し分かってきたような気がしている。」(小出ナオキ「主題」『Maternity Leave』小山登美夫ギャラリー、2012年)と語ります。小出の作品には、詩情にあふれ、自伝的でありながら、鑑賞者の記憶を本質的に刺激するような魅力をもっています。

1968年愛知県生まれ
1992年東京造形大学造形学部美術学科卒業