増井淑乃

個展

潮時 High Time 2008 watercolor on paper mounted on panel 23.0 x 16.0 cm ©Yoshino Masui

増井淑乃は、細密な背景と動物とを取り合わせた水彩画を描きます。無数の点と曲線のつながりがオブセッショナルに画面を埋め尽くし、その造形は森の中のようにも、花のようにも、あるいは増殖し続ける細胞のようにも見えます。小さな相似形の組み合わせとその繰り返しは、一見装飾的にも見えますが、作家曰く「自分自身の業」とも言うべき、逃れられない不穏な気持ちを投影しているのかもしれません。
2006年の初めての個展では、紙の上に水彩絵の具をたらしてその形に沿って模様を描いていく、オートマティズム的な手法をとっていました。今回は画材と支持体は変わらないながらも、地を塗ってから時間をおいて、下絵を描かずに何度も重ねて描いていく画面は、にじみによって出来る偶然の効果と意図的に描き込まれた描線のコントラストによって、より複雑さを増してきています。描かれる馬や烏などの動物たちは、作家が実際に競馬場に通い、身近な存在として観察してきたものです。
「犬やら猫やらを兄弟代わり親代わりにしており、何時間も後ろをついてまわっていた」という作家の子供の頃の原風景が、鮮やかな色彩と独特の手法で浮かび上がります。

 

作家プロフィール

増井淑乃

1976年静岡県焼津市生まれ。静岡県立清水南高校芸術科に進学後、学問としての芸術に関心を持ち、多摩美術大学美術学部芸術学科で東洋美術を研究。1999年卒業後、再度制作を開始。現在東京を拠点に活動を行っています。
増井の作品は繊細で細密な水彩画です。紙に水彩で下地を塗り、時間をおいてから何度も重ねて描かれる画面には、滲みによってできる偶然の効果と意図的で入念な描線によって独特のテクスチュアがつくりだされます。そこに描かれている、猫や馬、鳥などの動物たちは、幼い頃の色や匂いの記憶と共に彼女が身近な存 在として観察してきたものです。これらの動物たちは、増井の作品のなかでは背景と有機的に統一し、まるで神話のなかの動物のような象徴的な存在として描かれています。
また、生まれた土地との結びつきが断たれた経験により、しばしば浮遊感におそわれるという増井は、描く ことでもう一度土地と繋がろうとしているのではと語ります。「誰にでもわかるものを描きたい」という彼女 の美しく鮮やかな作品は、ダイレクトに観る者の心をとらえ、どこかで見、感じたことがあるような記憶の中の風景や感覚を思い起こさせるでしょう。

増井の作品は、芥川賞作家である磯崎憲一郎のデビュー作『肝心の子供』(第44回文藝賞受賞 / 2007年、河出書房新社主催)の装画となった他、世界中のキュレーター、批評家などよって推薦された 1975年以降生まれの作家を紹介した書籍「Younger Than Jesus: the Artist Directory」(Phaidon/The New Museum 出版、2009年)に、森美術館チーフ・キュレーター片岡真実氏により選出、掲載されています。小山登美夫ギャラリーでは2006年、2008年、2011年、2013年と4度の個展を行っており、2016年1月には、静岡の駿府博物館にて個展を開催しました。

1976年 静岡県焼津市生まれ
1999年 多摩美術大学美術学部芸術学科卒業