岡崎裕子

個展「羽のある器」

©︎Yuko Okazaki

岡崎裕子は1976年東京生まれ。株式会社イッセイミヤケにて広報として勤務した後、陶芸家森田榮一氏に弟子入り。5年の修業を経て2007年横須賀市に自宅兼陶房を構え独立し、現在海と山に囲まれた美しい景色の中で制作活動をしています。

小山登美夫ギャラリーでの2度目の個展となる今回は、修業時代に目にした美しい羽黒トンボからインスピレーションを得て制作された岡崎の代表的作品群、トンボの器に原点回帰した新作を発表致します。「羽に縦横無尽に広がる模様は、飛躍を思わせる広がりをもちつつ、網ように張り巡らされた罠のようにも見えます。網を描いている時間は、私の中で無心で無限に広がる時でもあります。」(作家による紹介)。のびやかに広がる羽を模した器には、作家なりの解釈で初めて挑戦した楽碗も発表されます。秋の季節にぴったりのモチーフの意欲作を、この機会にぜひご高覧下さい。

 

作家プロフィール

岡崎裕子

岡崎裕子は1976年東京都生まれ。株式会社イッセイミヤケにて広報として勤務した後、茨城県笠間市の陶芸家・森田榮一氏に弟子入り。5年の修業期間を経て、2007年に独立。現在は、海と山に囲まれた自然豊かな横須賀に自宅兼陶房を構え制作活動をしています。