染谷悠子

個展

薔薇の花の枯れる時をおそれる I am afraid time comes when roses to wither 2010 pencil, lithograph ink, Japanese paper on canvas mounted on wood panel 150 × 120.5 cm ©Yuko Someya

<作品紹介>
染谷悠子はパネルにキャンバス、そして和紙を張り、そのやわらかな風合いを生かしながら、繊細な筆致と色彩で架空の世界を描きます。登場するモチーフの多くは花や鳥、樹木、動物ですが、これらはまず「言葉を綴るように、鉛筆を動かしていく」と語る作家によって、淡く細密画のように細かい線で形づくられます。そして版画用のインクであるリトインク、ストックされているという色をつけた和紙、時には水彩で、濁らないよう入念に色が重ねられていきます。
その繊細さ、綿密さとは一見対照的に、画面上には十分な余白がとられています。それによってモチーフはある種の浮遊感を与えられ、それらが紡ぐ物語、そしてその続きへと、鑑賞者を誘うかのように強い輝きを放ちます。

<展覧会について>
展示作品のひとつである「薔薇の花の枯れる時をおそれる」について、染谷はこんな言葉を寄せています。「薔薇の花達に身をよせている白い生き物がいる。薔薇の花にまぎれて臭いを消し、花の姿に憧れをもち、羨んで花を嫌い、自分の場所だと支配する。心は矛盾でグラグラ動いているのにそこから動かない。その白い生き物は(絵の)外に目線を向けている」。
このほか、本展では白いバクと蝶が登場する横360cmにおよぶ4枚組の作品を含めた、約6点の作品を展示いたします。この機会に是非ご高覧ください。

 

作家プロフィール

染谷悠子

染谷悠子は1980年千葉県生まれ。2006年、東京藝術大学大学院版画専攻修了。2004年町田市立国際版画美術館の全国大学版画展で、収蔵賞/観客賞を受賞し、作品が収蔵されました。主な個展にRichard Heller Gallery(2014年、サンタモニカ、アメリカ)があり、小山登美夫ギャラリーでは、2007年、2010年、2013年、2017年と4度の個展を行っています。

染谷悠子はパネルにキャンバス、そして和紙を張り、そのやわらかな風合いを生かしながら、繊細な筆致と色彩で、花や鳥、樹木、動物がモチーフの架空の世界を描きます。
染谷は「言葉を綴るように、鉛筆を動かしていく」と語り、まず鉛筆の淡い輪郭線が画面を作り始めます。細密画のように綿密な描写にも関わらず、絵全体の印象が非常に軽やかなのは、存分にとられた余白とのバランスと、リトインクを使った独特の手法—水彩絵具だけが塗り重ねられるのではなく、版画用のインクも用いて瞬時に彩色していく—による色彩が、透明感に溢れているからでしょう。それらのモチーフは画面の十分な余白により浮遊感を与えられ、それらが紡ぐ物語、そしてその続きへと、鑑賞者を誘うかのように強い輝きを放っています。また版画の手法で色をつけられ、画面に重ねられた和紙が生み出す独特な色彩と質感も魅力です。
2004年町田市立国際版画美術館、全国大学版画展、収蔵賞/観客賞、2014年「VOCA展 2014 現代美術の展望 -新しい平面の作家たち-」佳作賞受賞。

1980年 千葉県生まれ
2004年 東京造形大学卒業
2006年 東京芸術大学大学院修了